上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ども、みゃけです。
お腹にあまりよろしくない季節が、やってまいりました。
カビの繁殖率…高すぎだjk。


まぁ、そんなことはおいといて。


ヴァイオリン弾きの友人Mが、まるでノイローゼのように
「パガニーニ弾けないんだよなんだよぉおうわぁああああ」
ってなっていたので、うちにも来てもらいました。

右:ニコロ・パガニーニ君です。
左:ダメな聖職者

log4.jpg

パガニーニといえば、超絶技巧って感じで、凄かったらしいッスよ。
F.リストが技巧にはしり始めたのも、パガニーニの影響だそうで。勘弁してくれ。

因みにこの人、古典派だそうです。
自分、教えてもらうまで、時空の狭間の旅人だと思ってました。すんません。
ホラ、シューベルト的な、古典?ロマン?うーん、よく分からないや! 的n((ry


しっかし、全然共通点なさそうな二人になってしまった…。
同じイタリアのヴァイオリニストなのに……!何故に……!

このチャラ男め!


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。